もはや惰性で風俗に

もはや惰性で風俗に

投稿日:2015年10月24日 カテゴリ:蜂のように刺す風俗体験談

友人と二人で風俗へ。部屋は別々で、帰りにプレイ内容を交換し合うのが最近の楽しみです。ストレスの溜まる仕事をしているため、風俗でも通わないと爆発しちゃうってきっかけで行きはじめました。互いに無趣味ですからね。なにか趣味でも見つけられればいいんですが・・・いわば風俗は趣味を見つけるまでの繋ぎってことになっていますが、なかなか前に踏み出せずここず~っと通いっぱなしです。ファッションヘルスにて。嬢に招かれ部屋に入り、ベッドに押し倒される。愛嬌のある顔です。どちらかというと3枚目の顔です。可愛いんですけど、マスコットキャラクターみたいな風貌なんです。親しみながらキスしてアソコ触って舐めたり。一通り責め終えて交代。今度は僕が責められる番です。上から覆いかぶさってもらいキスされる。「唇、柔らか~い」と言われて、キスの雨を降らせてくれました。おっぱいも大きくて、心地いい。積極的に責めてもらい、最後は腕枕で時間が来るまでまったりでした。